メールマガジン tokyojc

〜Hello! Tokyo JC 's Information〜
TOKYO JC MAILMAGAGINE 東京青年会議所メールマガジン バックナンバー


■■□ TOKYO JC information <Vol.3>□■■━━━━━━━━━━━━━━━━
   
          東京JCメールマガジン 2月号 2003-2-5
   
                     ─ http://www.tokyo-jc.or.jp/ ─
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「今再び、変革の能動者として」  
− 目覚めよJaycee!新世紀日本の再建は我々青年の責務である −
─ ◇ 目 次 ◇ ─────────────────────────────

 【1】平理事長メッセージ
 【2】例会のご案内
 【3】今月のスケジュール 
 【4】事業のご案内
 【5】事業レポート
 【6】一緒に活動しませんか?
 【7】編集後記

----------------------------------------------------------------------------
 ■ 平理事長のメッセージ ■ 
----------------------------------------------------------------------------

今なぜ公開討論会か?

 「政治とは、国民の考えや行動の反映にすぎない。どんなに高い理想を掲げても国
民がそれについていけなければ、政治は国民のレベルまで引き下げられる。逆に、国
民が優秀であれば、いくら酷い政治でもいつしか国民のレベルまで引き上げられる。
つまり、国民全体の質がその国の政治の質を決定するのだ。これは、水が低きに流れ
るのと同じくらい当然の論理である。立派な国民がいれば政治も立派なものになり、
国民が無知と腐敗から抜け出せなければ劣悪な政治が幅をきかす。国家の価値や力は
国の制度ではなく国民の質によって決定されるのである。」
(S.スマイルズ 自助論より ―三笠書房― 竹内均訳)

 昨今の政治の堕落は、私たち国民の堕落です。そろそろ目を覚まさなければなりま
せん。本当にこの政治家に任せて良いのかと。政策は?人格は?能力は?ポスターだ
けで判断できますか。名前と政党の連呼でどうやって選ぶのでしょう。知り合いから
頼まれたかという理由で投票するのですか。このような私たちの安直な行動の積み重
ねが政治の質を著しく低下させ、今日の日本の体たらくに繋がっています。

 先日、台東区長選挙公開討論会を開催しました。本年私たちが企画している16の
区長選公開討論会の先頭バッターです。会場には定員を大幅に超える聴衆が集まりま
した。また、有力候補予定者全員がパネラーとして出席しました。TV番組のような
派手な激論はありませんが、同一ルールで淡々と進行するなかに、各立候補予定者の
人柄や考え方がかえって鮮明に浮かび上がってきます。文章はスタッフが替わりに書
くことも出来ます。写真は実物より感じよく撮ることが出来ます。しかしライブでの
トークはゴマカシがききません。また、聴衆は五感で感じ取ることができるのです。

 以前に私がコーディネートをした公開討論会では、真剣な顔で訴えるパネラーが、
実は机の下では脚を緊張感なくブラブラさせており、それが観客席から丸見えだった
ことがありました。又、秘書が「うちの先生は政策は語れませんから・・。」と言い
放ち、出席を断った立候補予定者もいました。「政治家が悪い。」「官僚が悪い。」
と非難し続けてもなにひとつ変わらなかった。まず最初に変わらなければならなかっ
たのは、実は私たち国民であり、有権者だったのです。

 日本の現状を思うたび、サミュエル・スマイルズの言葉が胸に突き刺さります。

【理事長 平 将明】


----------------------------------------------------------------------------
 ■ 例会のご案内 ■ 
----------------------------------------------------------------------------

●2月例会のご案内
−国家再生に向けて−
〜目覚めよJaycee!魅力ある国家・国民の礎となろう〜

■開催日時:2月12日(水) 18:30開会
■開催場所:第一ホテル東京 ラ・ローズ5F
■パネルディスカッション
パネリスト       衆議院議員  河野 太郎氏
            衆議院議員  野田 佳彦氏
            KFi代表  木村 剛 氏 
            社団法人 東京青年会議所  平 将明
コーディネーター    社団法人 東京青年会議所  高木千明
   
 本例会では原理原則が明確に機能する国家の構築を目指して、次の世代に魅力ある
社会を引き継ぐために、今我々の世代が何をしなければならないか国家の抱える課題
を上げ、その解決策をパネルディスカッションを通して模索をします。その後、ある
べき国家像と運動の方向性を例会を通して明確に示します。
是非、ご出席下さいますようお願い申し上げます。

詳しくはこちら↓
http://www.tokyo-jc.or.jp/2003/sch/02/index.html


●3月例会のご案内
「日本再生は社会保障制度改革から」
元気な医療保障制度で日本を明るくしよう!

■開催日時:3月18日(火) 18:30開会
■開催場所:京王プラザホテル「エミネンスホール」
■主管委員会:福祉政策委員会

本例会では、公平・効率・安定という原理原則が機能する医療保障制度へと改革す
るために、日本経済研究センター理事長の八代尚宏氏を迎えその制度のあり方につい
て、基調講演を頂き社会的・経済的効果を明確に訴えて頂きます。
その後、東京JCから医療保障制度改革の政策提言を発表致します。
 
福祉政策委員会のページはこちら↓
http://www.tokyo-jc.or.jp/wanpaku/


----------------------------------------------------------------------------
 ■ 今月のスケジュール ■ 
----------------------------------------------------------------------------

●東京JCの2003年2月予定の一覧を掲載中

当月委員会等会合日程詳細はこちら↓
http://www.tokyo-jc.or.jp/2003/memb/calendar.html


●第109回定時総会のご案内

■開催日:2月27日(木)
■開催場所:JC会館401-402 開会18:00

----------------------------------------------------------------------------
 ■ 事業のご案内 ■ 
----------------------------------------------------------------------------

●教育フォーラム

■開催日時:3月4日(火) 開会16:00
■開催場所:江東区教育センター会議室
■主管委員会:江東区委員会
今や教育は、学校だけで教員だけが行なうものではありません。地域の企業や個人
の中にも、子供たちのためなら何か手伝いたいと考える人は多いのでは?学校は今後
ますますそんな人々の協力を必要とします。皆が効率的に関わり合うにはどうしたら
良いのか、これまで江東区委員会の教育事業に参加した方々を中心に、議論を展開し
ます。
【江東区委員会 委員長 笛木真夕子】


●国際貢献ミッション in CHINA2003

本年度事業も、中華全国青年連合会(中国を代表する青年団体)と協力し、環境に
関する国際問題である「黄砂」を取り上げ、既に国家レベルだけでは解決できない問
題に取り組み、選抜した学生と現地中国人学生を同道し,2003年3月20日から
24日にかけて3年目の現地事業を行ないます。
 現地事業は,日中緑化交流基金から資金を得て,河南省霊宝市において,実際に植
林を行なった上,意見交換会を行い,その後,西安,北京と移動して,北京では,中
国要人会見も行なう予定です。

【国際政策委員会 委員長 小川恵司】
                
詳しくはこちら↓      
http://www.tokyo-jc.or.jp/2003/act/mission.html


----------------------------------------------------------------------------
■ 事業レポート ■
----------------------------------------------------------------------------

●1月例会・新年賀詞交歓会(03/1/14)
http://www.tokyo-jc.or.jp/2003/sch/01/index02.html
理事長の所信表明より、「軋轢を恐れず正論を訴えて日本再生の最前線に立って運動
しよう」と力強く会員に呼びかけた。


----------------------------------------------------------------------------
■ 一緒に活動しませんか? ■
----------------------------------------------------------------------------

 私達、(社)東京青年会議所(東京JC)は、「明るく豊かな社会の創造とその新
しい社会をリードするに相応しい人を数多くつくる事」を目標に掲げ、人種、国籍、
性別、職業、宗教の別なく、満25歳から38歳までの青年なら個人の自由な意思で
入会できる青年経済人の団体です。様々なテーマによる講習会、事業、組織運営を通
して、自身の企業活動、社会貢献に役立つリーダーとしての資質を磨く学びの場でも
あります。
 東京JCは、社会の進歩とともに、常に自分自身、組織として発展しつづける事を
目標として、常に英知と勇気と情熱をもって同じ理想のもと運動を続けています。

【会員支援委員会 委員長 横瀬順一】

会員支援委員会のホームページへ↓
http://www.tokyo-jc.or.jp/kakudai


----------------------------------------------------------------------------
 ■ 編集後記 ■ 
----------------------------------------------------------------------------

米スペースシャトル「コロンビア号」の空中分解事故では、10数年前におこった
「チャレンジャー号」に続いて2回目の悲惨な結果を迎えたのは衝撃的でした。
コロンビア号乗組員7人のご冥福をお祈り致します。
最先端の科学技術を持って100回以上成功しているにもかかわらず、ロケットによ
る航行の困難さはまだまだ難しいものだと改めて実感しました。
 
 宇宙飛行士の毛利衛さんが以前「夢をもつ事は良い事だよ!皆夢を持ちなさい。」
とスペースシャトルから地球の子供達に伝えていた事を思い出します。
米国民も国家的悲劇が続きますが、フロンティア精神を忘れずにこれを乗り越えて欲
しいと思います。

【広報情報委員会 委員長 松本正一郎】


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

[(社)東京青年会議所メールマガジン]

配信に関する手続き、ご意見などは以下のホームページからお願いします。
<配信中止・配信先変更・バックナンバー>
http://www.tokyo-jc.or.jp/mailmag/index.html
<ご意見・ご感想、配信に関するお問い合わせなど>
tjc-mm@tokyo-jc.or.jp

発 行:社団法人 東京青年会議所    編 集:広報情報委員会
    〒102-0093 東京都千代田区平河町2−14−3 青年会議所会館2F
    Tel. 03-5276-6161  Fax. 03-5276-6160  
http://www.tokyo-jc.or.jp

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
Copyright(c) 2003 Tokyo Junior Chamber,Inc. AllRightsReserved.



←前のページに戻る | ▲top

 

(C) 2003 Tokyo JC. All Rights Reserved.