メールマガジン バックナンバー



┏━━━━━━━━━━━━┓
┃東京JCメールマガジン2006┃Vol. 1            2006年1月4日発行
┣━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃            2006年度スローガン             ┃
┃        「日本の未来を真剣に語り、本気で動こう」        ┃
┃         〜 使命感と勇気で社会を変える 〜          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ■■ CONTENTS ■■
 --------------------------------------------------------------------------
 1 高橋理事長メッセージ            【新年のご挨拶】
 --------------------------------------------------------------------------
 2 今月の東京JC             【月例会、事業、その他の日程】
 --------------------------------------------------------------------------
 3 ホームページ最新情報           【2006年度版が稼働しました】
 --------------------------------------------------------------------------
 4 一緒に活動しませんか?        【ともに汗を流す仲間を求めます!】
 --------------------------------------------------------------------------
 5 編集後記        
 --------------------------------------------------------------------------


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃1┃高橋理事長のメッセージ                       ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
★東京からこの国を変えよう!
☆------------------------------------------------------------------------☆

★義務感から使命感へ
☆------------------------------------------------------------------------☆
【新年のご挨拶】
あけましておめでとうございます。
新年を迎え、心も新たに様々な決意をされていることと思います。皆様にとって実り
多き1年になりますことをお祈り申し上げます。
社団法人東京青年会議所も設立から57代目に入りました。この歴史と伝統を重んじ
ると共に、時代に即した行動的な組織として運動して参ります。どうぞよろしくお願
い致します。

【青年世代として】
2006年度の東京青年会議所は「日本の未来を真剣に語り、本気で動こう」の
スローガンの下、使命感と勇気を持って社会を変革する運動を行っていきます。
いつの時代でも、天下国家を熱く議論し、日本の未来を侃々諤々と語り合うのは青年
世代の若者でした。最近の若者はおとなしいと言われますが、青年会議所がそのよう
に揶揄されてはなりません。むしろ我々が同世代や学生に火を点ける先導役であるべ
きです。そしてその行動の奥底にあるのは、これからの時代を担う青年世代の責任感
であり、使命感です。

【未来予想図】
人間には未来を予想しその為に準備する能力があります。「将来を展望する」
「目標や計画を立てる」これらは、未来に向かって何をするべきか考える能力です。
そしてその為に「今年何をする、今月は、今日はこれをやる」といった具体的な行動
を起こすことが出来るのです。若者から「今が良ければいい」「先の事は分からない」
このような言葉を聞くたびに人間の能力がひとつ失われていく気がします。
新年を迎え、皆様はこの能力を使われていますか?1年の計は元旦に…とあるように、
この能力を使う最適の時期です。そして、もっと先にあるこの国の未来について予想
してみましょう。本当にこのままでいいのですか?いつまでもこのような時代が続く
と思いますか?日本の未来予想図を描いてみましょう。そこから幾つもの道筋が見え
るはずです。あとはその道筋に向かう勇気と行動だけです。

【市民の自立、地域の自立】
まずは未来予想図を描くこと、そしてその道筋に沿った行動を起こすことですが、
大切なのはその行動を誰が起こすかです。もちろん我々JCは率先して行いますが、
JCだけの行動ではあまりにも小さ過ぎます。社会の大きなうねりとするためにも、
市民の参画が必要です。他人任せ・無関心・無責任が国民意識の主流ではこの国の未
来はありません。まずは身近な地域に関心を持ち、社会に参画する責任と義務を自覚
して頂きましょう。例えば地域の安全を考えた時に、警察に頼るだけで良いでしょう
か?自分達の地域や子どもを守るのは自分達でやるべき、という認識が生まれつつあ
ります。そんな自立を促進する仕組みや、支援する社会システムを構築していきたい
と考えています。

【義務感から使命感へ】
行政や政治家が国民に言いにくいことがあります。それは国民の義務についてです。
国民に権利を与えることは言えても、義務を課すことは立場上言いにくい。国家主義
の復活などと批判される事にも躊躇するのでしょう。60年経っても消えないトラウ
マです。しかし、国民である以上、国や社会のために行う義務があります。そしてそ
れらを義務ではなく、使命として自覚した時、日本が真に豊かで活力ある国となって
いくのではないでしょうか。
私たち東京青年会議所は国民の視点で、国民の果たすべき義務を訴えると共に、受動
的な義務感から能動的な使命感となるべく、意識改革を目指した運動を行っていきま
す。

2006年も東京青年会議所は勇往邁進致します。
ご支援ご協力をお願い申し上げます。

         「日本の未来を真剣に語り、本気で動こう」
           〜使命感と勇気で社会を変える〜

                           社団法人東京青年会議所
                          第57代理事長 高橋克之



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃2┃今月の東京JC                           ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
【 1月例会のご案内 】
東京青年会議所メンバーが新年に初めて一同に会し、理事長の所信表明や運営方針、
年間計画・政策が発表されます。

■ 開催日時 : 1月16日(月) 18:00開会(17:00開場)
■ 開催場所 : 新宿京王プラザホテル コンコードボールルーム
■ 登録料 : ¥7,000-
■ 主管 : (社)東京青年会議所、東京JCシニアクラブ
■ 内容 : 06年度1月例会は「使命感と勇気で社会を変える」新年賀詞交歓会と
銘打ち、我々東京JCが民の力による「真の地域主権」を確立する為、一丸となり
本年度をスタートさせる目的を持ちます!
理事長 対談では、前宮城県知事、浅野史郎氏をお招きし、「義務感から使 命感へ、
地域の自立と市民の自立が今求められる!」をテーマに地域を変える思いを熱く
語っていただきます!

 詳細はこちら↓
 http://www.tokyo-jc.or.jp/2006/reikai/01/index.html

──────────────────────────────────────
【 国際貢献ミッション2006 in China 学生選考会】
■ 学生選考会 : 2006年1月14日(土)・27日(金)
■ 学生募集人数 : 10名(論文選考のうえ無料で派遣)

  国際貢献ミッション2006 in China
■ 開催日時 : 2006年3月2日(木)〜6日(月)
■ 訪問地 : 中華人民共和国北京市・安徽省合肥市・上海市
■ 内容 : 植林作業・日中学生交流会・要人会見

  詳細はこちら↓
   http://www.tokyo-jc.or.jp/international

──────────────────────────────────────
【 東京ブロック協議会 合同公式訪問並びに新年名刺交歓会 】
■ 開催日時 : 1月9日(月)成人の日 登録受付18:30 開会19:00
■ 開催場所 : パレスホテル立川 4Fローズルーム
■ 登録料&懇親会費 : \5,000-

──────────────────────────────────────
【 日本JC 京都会議 】
■ 開催日時 : 1月19日(木)〜22日(日)
■ 開催場所 : 京都市内 各会場
■ 主要日程 :
   ●1月21日(土)
    ・わんぱく相撲オリエンテーション 場所:京都商工会議所 講堂
                     時間:13:00〜16:00(12:00登録開始)
    ・第115回定時総会         場所:国立京都国際会館にて
                     時間:未定
    ・東京JCナイト 場所:からすま京都ホテルにて
                     時間:20:30〜
   ●1月22日(日)
    ・新年式典 場所:国立京都国際会館にて 時間:未定

   ※詳細は各案内をお確かめ下さい。

──────────────────────────────────────
【メンバー向け】当月委員会等会合日程詳細はこちら↓
 http://www.tokyo-jc.or.jp/2006/schedule/calendar.html

──────────────────────────────────────


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃3┃ホームページ最新情報                        ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
★装いを新たに新年度バージョンの開設です。旧年に倍してのご愛顧をお願いします。
☆------------------------------------------------------------------------☆

● 1月1日 2006年度版正式オープン

  詳しくはこちら↓
  http://www.tokyo-jc.or.jp/

  ■携帯用サイトはこちら↓
  http://www.tokyo-jc.or.jp/i/

──────────────────────────────────────


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃4┃一緒に活動しませんか?                       ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
★明るい豊かな社会を 共に力を合わせてつくり上げていきましょう!
☆------------------------------------------------------------------------☆

社団法人東京青年会議所には、理想とする明るい豊かな社会を築き上げるために、主
体的に行動する数多くのメンバーが集まっています。熱く議論を交わし、共に汗を流
す過程で何物にも代えることが出来ない何かを全員が掴み得ます。40才になるまで
の短い期間を、我々と共に精一杯に駆け抜けてみませんか?

詳しい申し込みについてはこちらへ↓
http://www.tokyo-jc.or.jp/2006/entry/

【東京JCサポーターズクラブ 入会メンバー募集中】

東京JCサポーターズクラブ(賛助会員)が、変わりました!よりご加入しやすくなり、
活動の幅が広がります。活動を通じて、スキルアップがはかれますよ。共に、明るい
豊かな社会の実現を目指して、運動をしませんか?大学生・社会人大歓迎です!
入会をお待ちしております。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃■┃編集後記                              ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
穏やかな新年をお迎えでしょうか?あけましておめでとうございます。
2006年度東京青年会議所、広報委員会委員長の森田です。
東京JCの運動が「社会を変革する」ものだとしても、それを世の中に知らしめなけ
れば、またメンバーが情報を共有化し、共通の認識を持たなければ、十分な成果はあ
げられないのではないでしょうか?委員会メンバー一同、使命感を持ち、運動の中身
を当委員会なりによく咀嚼して、情報を発信していきます。

一年間どうぞ、よろしくお願いをいたします。

                         会員サービス室 広報委員会
                             委員長 森田賢一郎

┏────────────────────────────────────┓
│■東京JCメールマガジン2006■
│配信に関する手続き(HTML版→TEXT版への変更等)などは、
│以下のURLからお願い致します。
│なお、このメールは <(mail)>宛に送られています。
│<配信に関する手続き>
http://www.tokyo-jc.or.jp/lr.asp?m=<(暗号)>&p=<(パスワード)>
│<申込・バックナンバー>
http://www.tokyo-jc.or.jp/2006/mailmag/

│また、ご意見は以下のメールアドレスまで、お願い致します。
│<ご意見・ご感想、配信に関するお問い合わせなど>
tjc-mm@tokyo-jc.or.jp
├────────────────────────────────────┫
│発 行:社団法人東京青年会議所      編 集:広報委員会
│〒102-0093 東京都千代田区平河町2−14−3 青年会議所会館2F
│Tel:03-5276-6161  Fax:03-5276-6160
┗────────────────────────────────────┛
   Copyright(c) 2006 Tokyo Junior Chamber, Inc. All Rights Reserved.
            http://www.tokyo-jc.or.jp/

 


【 BACK 】




(c) 2006 東京青年会議所. All Rights Reserved.