メールマガジン バックナンバー



┏━━━━━━━━━━━━┓
┃東京JCメールマガジン2006┃Vol. 2            2006年2月1日発行
┣━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃            2006年度スローガン             ┃
┃        「日本の未来を真剣に語り、本気で動こう」        ┃
┃         〜 使命感と勇気で社会を変える 〜          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ■■ CONTENTS ■■
 --------------------------------------------------------------------------
 1 高橋理事長メッセージ       【10年で日本人が変わる】
 --------------------------------------------------------------------------
 2 今月の東京JC             【月例会、事業、その他の日程】
 --------------------------------------------------------------------------
 3 ホームページ最新情報           【東京JCのHOTな話題を掲載!】
 --------------------------------------------------------------------------
 4 事業レポート           【1月例会・新年賀詞交歓会・京都会議】
 --------------------------------------------------------------------------
 5 一緒に活動しませんか?        【ともに汗を流す仲間を求めます!】
 --------------------------------------------------------------------------
 6 編集後記              
 --------------------------------------------------------------------------


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃1┃高橋理事長のメッセージ                       ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
★10年で日本人が変わる 〜 健全な想像力 〜
☆------------------------------------------------------------------------☆
世間を震撼させた耐震偽装事件。互いに責任を擦り合い、何と情けない姿でしょうか。
僅かな利益の為に、人々の命を粗末にしてしまう恐ろしさ。この事件は、単にマンシ
ョンを購入した人たちと建設業界だけの問題ではなく、今の日本を象徴する事件のよ
うに思えます。私は人々の中に巣食ってしまった利己主義が、思いやりの精神を失わ
せると共に、健全な想像力まで失っているのではないかと危惧をいだきます。

自分さえ良ければいいという利己主義が、単に自らの利益を追求しているだけならま
だしも、その行動がその先に与える影響を想像出来なくなると、危険な独裁者、犯罪
者へと変貌していくのでしょう。健全な想像力を育むことは、今の教育に最も必要な
ことだと思います。知育、体育、徳育の必要性がよく言われますが、それらが吸収さ
れるには何のためにそれを行うのかという目的の明確化が必須であり、それを理解す
る想像力が不可欠なのです。

人には様々な欲があり、全ての人々がその欲のまま行動すれば社会は破滅です。その
行動を抑える事が出来るのは人が健全な想像力を持っているからです。行動の先を想
像し、抑制が掛かります。先の事は分からない、今が良ければいい、こんな思考も想
像力を失わせる危険な信号に思えます。なぜ、これを今やるのか?その必要性をしっ
かりと教えなければなりません。そしてそれを学校や教師に求めるのは酷でしょう。
本来は家庭が教えることです。しかし、今の親世代=私たちの世代が一番問題である
という事実。この恥じるべき事実を認識し、汚名を返上する責任を私たち青年会議所
が果たしていかなければならないのです。

東京青年会議所では学校との連携を強め、様々な事業を展開しています。社会体験実
習の受け入れや、地域の大人が教壇に立つ寺子屋授業も多くの区で浸透しました。
これらは子ども達に様々な体験をさせることにより、豊かな想像力を育むことに寄与
しています。総合学習がスタートして学校は随分開かれました。私たちは教育を学校
任せにするのではなく、地域の子どもは地域で育てるという責任を自覚しなければな
りません。そんな大人の姿を見て育った子ども達が次の世代の担い手となり、結果そ
の地域の活力にも繋がります。

昨今の社会情勢にただ嘆いているだけでは何も変わりません。むしろさらに悪い方向
へ向かうでしょう。人々の意識を変えることが重要です。そして今、最も重要なのは
子ども達への教育です。思想の偏りを恐れて学校では教えることが出来ない日本人の
美しき心や、未来に向かって夢や志を抱く健全な想像力の育成を私たちが行いましょ
う。今年の東京青年会議所ではそのような一歩を踏み出す事業を展開します。しっか
りとした教育が出来れば、10年で新しい価値観を持った日本人が育ちます。それを
牽引することが出来るのは、純粋にそして真剣にこの国の未来を考え、今を行動して
いく私たち青年会議所なのです。

私たちは、常に未来を見つめる必要があります。未来のためになる事は、今現在では
我慢しなければならない事もあるかもしれません。しかし私たちは次世代のためにと
いう心の豊かさを持たなければならないのです。10年はすぐに過ぎ去ります。東京
青年会議所は、10年後にどのような社会にするのか?そのために今何をするのか?
健全な想像力を働かせ、具体的に行動していきます。

         「日本の未来を真剣に語り、本気で動こう」
           〜使命感と勇気で社会を変える〜

                             2006年2月1日
                           社団法人東京青年会議所
                          第57代理事長 高橋克之



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃2┃今月の東京JC                           ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
【 2月例会のご案内 】

■ 開催日時 : 2月10日(金) 18:30開会(18:00登録開始)
■ 開催場所 : 東商ホール(東京商工会議所ビル4F)
■ 内容 : 2006年度東京JCは全ての事業をプロジェクトチーム制で開催して
いきます。
本例会では、本年度行われます事業について、各プロジェクトチームより説明をし、
事業方針に賛同したメンバーが、すぐにそのプロジェクトに登録できる機会を設け
ます。
また、野口健氏をお招きして、エベレスト・富士山等の清掃登山を行うこととなった
経緯、使命感を持って運動することの大切さについて、お話し頂きます。

 詳細はこちら↓
 http://www.tokyo-jc.or.jp/2006/reikai02/index.html

──────────────────────────────────────
【 第115回 定時総会のご案内 】
■ 開催日時 : 2月28日(火) 開会18:00
■ 開催場所 : 全共連会館

──────────────────────────────────────
【メンバー向け】当月委員会等会合日程詳細はこちら↓
 http://www.tokyo-jc.or.jp/2006/schedule/calendar.html

──────────────────────────────────────


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃3┃ホームページ最新情報                        ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
★装いを新たに新年度バージョンの開設です。旧年に倍してのご愛顧をお願いします。
☆------------------------------------------------------------------------☆

■01/01 社団法人東京青年会議所2006年度ホームページスタートしました
■01/11 表紙ダイジェストに「経済3団体主催新年賀詞交歓会」の記事を掲載
■01/11 表紙ダイジェストに「高橋理事長 浜松JC55周年記念式典出席」記事を掲載
■01/12 委員会日程WEB,携帯サイトとも微調整実施
■01/14 京都会議日程にWEB、携帯サイトとも情報追加
■01/24 2月例会案内ページ 掲載。表紙ダイジェストに2月例会案内も掲載。

  ●詳しくはこちら↓
   http://www.tokyo-jc.or.jp/

  ●携帯用サイトはこちら↓
   http://www.tokyo-jc.or.jp/i/  


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃4┃事業レポート                            ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
★1月例会が盛大に開催されました。
☆------------------------------------------------------------------------☆

■ 1月例会・賀詞交歓会報告(1月16日開催)
(ウェブサイトでの報告ページは近日掲載します)

「 第57代理事長として、高い志と強い覚悟を持ち、魂を込めた全力の情熱で、メ
ンバーと共に行動していきます。使命感と勇気をもって真剣に語り、本気で動こう!」
と高橋理事長の所信が表明されました。

──────────────────────────────────────

■ 社団法人日本青年会議所2006年度京都会議開催

1月19日から22日まで国立京都国際会館にて”精神ルネッサンス”真の自立国家
「美しき日本」の創造に向かって!!をテーマに開催され、東京JCからは高橋理事
長をはじめ多くのメンバーが参加しました。
また、東京JCナイトには、150名ほどの参加者が集い、東京JCからの出向者を激励し
ました。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃5┃一緒に活動しませんか?                       ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
★明るい豊かな社会を 共に力を合わせてつくり上げていきましょう!
☆------------------------------------------------------------------------☆

社団法人東京青年会議所には、理想とする明るい豊かな社会を築き上げるために、主
体的に行動する数多くのメンバーが集まっています。熱く議論を交わし、共に汗を流
す過程で何物にも代えることが出来ない何かを全員が掴み得ます。40才になるまで
の短い期間を、我々と共に精一杯に駆け抜けてみませんか?

 詳しい申し込みについてはこちらへ↓
 http://www.tokyo-jc.or.jp/2006/entry/

【東京JCサポーターズクラブ 入会メンバー募集中】

東京JCサポーターズクラブ(賛助会員)が、変わりました!よりご加入しやすくなり、
活動の幅が広がります。活動を通じて、スキルアップがはかれますよ。
共に、明るい豊かな社会の実現を目指し て、運動をしませんか?
大学生・社会人大歓迎です!入会をお待ちしております。

 詳しい申し込みについてはこちらへ↓
 http://www.tokyo-jc.or.jp/2006/suporterclub/index.html


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃6┃編集後記                              ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 寒さ本番の季節になりました。皆様お元気でお過ごしの事と存じます。
私は昨年JCニュース(紙面媒体)をメインに活動してまいりましたが、今年はメール
マガジン担当と言う事で皆さんと1年間お付き合いさせていただきます。

近頃のニュースでは、某IT企業の社長逮捕、構造計算書偽装問題など悪い大きな話題
が上がってきますが、私の一番の話題はトリノオリンピックですね。雪上、氷上を駆
け抜ける選手たちを見ていると頭の中の行動力と言う部分にスイッチが入り、力が沸
いてじっとしてはいられなくなります。皆さんも大いに日本を応援しましょう!

                         会員サービス室 広報委員会
                   メールマガジン担当副委員長 佐々木貴浩


┏────────────────────────────────────┓
│■東京JCメールマガジン2006■
│配信に関する手続き(HTML版→TEXT版への変更等)などは、
│以下のURLからお願い致します。
│なお、このメールは <(mail)>宛に送られています。
│<配信に関する手続き>
http://www.tokyo-jc.or.jp/lr.asp?m=<(暗号)>&p=<(パスワード)>
│<申込・バックナンバー>
http://www.tokyo-jc.or.jp/2006/mailmag/

│また、ご意見は以下のメールアドレスまで、お願い致します。
│<ご意見・ご感想、配信に関するお問い合わせなど>
tjc-mm@tokyo-jc.or.jp
├────────────────────────────────────┫
│発 行:社団法人東京青年会議所      編 集:広報委員会
│〒102-0093 東京都千代田区平河町2−14−3 青年会議所会館2F
│Tel:03-5276-6161  Fax:03-5276-6160
┗────────────────────────────────────┛
   Copyright(c) 2006 Tokyo Junior Chamber, Inc. All Rights Reserved.
            http://www.tokyo-jc.or.jp/

 


【 BACK 】




(c) 2006 東京青年会議所. All Rights Reserved.