メールマガジン バックナンバー

┏━━━━━━━━━━━━┓
┃東京JCメールマガジン2007┃Vol.19             2007年10月9日発行
┣ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃            2007年度スローガン             ┃
┃              「志の再生」                ┃
┃          〜 美徳ある社会を目指して 〜           ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  【奇数号では理事長挨拶や事業案内を中心に、            】
  【偶数号では報告事項やお気軽な情報・連載レポート等をお届けします。】


 ●○CONTENTS○●
 --------------------------------------------------------------------------
 1 松本理事長メッセージ                 … 「温故知新」
 --------------------------------------------------------------------------
 2 今月のJC                     … THINK SETAGAY A
 --------------------------------------------------------------------------
 3 告知                     … 10月例会のお知らせ
 --------------------------------------------------------------------------
 4 今日の一コマ                  …  9月例会での一コマ
 --------------------------------------------------------------------------
 5 3連続集中連載特別企画          … 第2回 〜痛風について〜
 --------------------------------------------------------------------------
 6 ホームページ最新情報        … 東京JCのHOTな話題を掲載!
 --------------------------------------------------------------------------
 7 一緒に活動しませんか?       … ともに汗を流す仲間を求めます!
 --------------------------------------------------------------------------
 8 メルマガに広告を載せませんか?
 --------------------------------------------------------------------------
 9 編集後記
 --------------------------------------------------------------------------


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃1┃松本理事長メッセージ                        ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
現代に生きる青年会議所世代の私たちが生まれた時には既に豊かでありました。
昨今忌まわしい事件を耳にすると「日本人は貧しくとも高貴である」と賞賛された言
葉はもはや通じません。
かつての日本人が称えられたその言葉に偽りのないよう私たちは生き方を見つめ直す
時に来ています。
戦後生まれが多くなった現在(いま)、日本人の原点を見つめ、アイデンティティ再
生こそ、この高度な文明に生きる現代人に今一番大切なことであります。
温故知新〜古きを温(たず)ねて新しきを知る。
伝統と歴史と超モダンな首都「東京」へ。

                 「志の再生」
             〜美徳ある社会を目指して〜

■東京JC2007ホームページ
http://www.tokyo-jc.or.jp/2007/

                            2007年10月9日
                           社団法人東京青年会議所
                          第58代理事長 松本直勝

──────────────────────────────────────

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃2┃今月のJC                             ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

●第3回THINK SETAGAYAのお知らせ
○--------------------------------------------------------------------------

〜思いやりと街づくり〜
世田谷地区では一昨年、昨年の2回にわたり、世田谷区後援事業「THINK SETAGAYA」
を開催いたしました。概要はユニバーサルデザイン(UD)、ユニバーサルサービス
(US)という概念を通じて街づくりを考え、多くの人に「思いやりのある地域コミ
ュニティ」を考えて頂くため、一般の部(中学生以上)と小学生以下の部に分けて、
UD,USの発想を取り入れた「思いやりのある街づくり」のアイデアを募集しました。
募集したアイデアのうち、「MAY I HELP YOU?」バッジは東京商工会議所世田谷支部
により実現化を果たしました。
本年4月1日より世田谷区では、「世田谷区ユニバーサル推進条例」が施行され、大き
な転換期を迎えています。

   詳しくはこちら↓
   http://www.tokyo-jc.or.jp/2007/shimintougikai/index.html
──────────────────────────────────────


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃3┃告知                                ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

●10月例会のお知らせ
○--------------------------------------------------------------------------
            〜地域の治安を取り戻せ!!〜

近年、特異な凶悪事件が広く報道されると同時に、地域においてはひったくり等の犯
罪が我々のすぐ近くで多発しています。
各種世論調査において、市民の最大関心事項として毎年治安対策が1位となっており
、「安全・安心」という社会生活をおくる上での基盤が揺らぎ、市民は今そこにある
脅威に対し、不安を感じながら生活を送らなければならない状態にあります。
なぜこのような社会になったのか。我々は家族を守る為に何ができ、何をしなければ
ならないのか。このような不安や問題を解消し、市民が「安全・安心」を実感できる
地域社会構築の為には、市民一人ひとりが治安に対しての問題意識を共有し、さらに
それを「実践する意識」にまで高めていくことが重要であると考えます。

■開催日時  :10月24日(水)
■開催場所  :四谷区民ホール
■スケジュール:18:30 開会
        19:00 基調講演
        19:55 パネルディスカッション
        21:00 閉会

   詳しくはこちら↓
   http://www.tokyo-jc.or.jp/2007/reikai10/index.html
──────────────────────────────────────

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃4┃今日の一コマ                            ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

●9月例会での一コマ
○--------------------------------------------------------------------------

http://www.tokyo-jc.or.jp/2007/htmlmail/19/koma19.jpg

「左から松本理事長、猪瀬直樹氏、高野大阪JC理事長、雨宮名古屋JC理事長。『
変革の士』である猪瀬氏と日本を代表する3LOMの理事長が立ち並んだ。「実践」
が共通のキーワードとなるのだろう。」

−−−−−−−−−−−−−−− * −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

高野大阪JC理事長のお名前の「高」は正確には「(はしごだか)」になります。高
の文字の「口」の部分が梯子のような形の「(はしごだか)」はマッキントッシュ環
境の方では文字化けしてしまういわゆる「機種依存文字」であるため「高」の文字で
表現させていただきました。ご了承ください。

−−−−−−−−−−−−−−− * −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

──────────────────────────────────────


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃5┃3連続集中連載特別企画                       ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

●Dr.諸藤 〜痛風について〜
○--------------------------------------------------------------------------

尿酸値が上昇する具体的な原因としては以下のものがあります。

1)遺伝的な要因
病気は遺伝的素因に環境からの影響が加わって発病します。痛風の場合にも遺伝的体
質が関連します。約20%ぐらいの痛風の患者さんには親類縁者に痛風もちがいます。

2)食生活の問題
食事内容によっては尿酸値は上がりますが、厳密なプリン体制限は実際には困難で、
長続きしません。最近では「これは食べてはいけない」という食品の制限はあまり指
導しなくなりました。それよりも食べる総量を制限することが大切です。痛風の患者
さんの60%には、肥満があり、肥満度が大きいほど尿酸値は高くなります。また肥満
は痛風の人に多い合併症の大敵です。食事を減らし、よく歩き、標準体重を守ること
が大切です。痛風友の会の調査によると、食べる速度が速い、一回の食事量が多いと
自覚している人の割合は、一般のサラリーマン500名では各々39.8%と30.4%でした
が、痛風の患者さん529名の場合は各々55.6%と51.0%とずっと多いことがわかりま
した。よく噛んで味わって食べるように注意しましょう。

3)飲酒の問題
アルコール飲料を飲むと尿酸値は一時的に上がります。アルコールが体内で分解され
る時に尿酸が作られること、その際にできる乳酸が体内に尿酸を蓄積すること、一部
のアルコール飲料には尿酸の元になるプリン体が多く含まれていることなどがその主
な原因です。アルコールが代謝されるときに尿酸値が上がるので、どんな種類のお酒
でも尿酸値や痛風にはよくないわけですが、尿酸の素になるプリン体を含む量は種類
によってかなり違います。プリン体は、ビールに最も多く含まれ、ウィスキー、ブラ
ンデー、焼酎などの蒸留酒はあまり含まれていません。

4)ストレスや、行動パターン
ストレスは尿酸値を上昇させるようです。運動もやり方次第では尿酸値を上げ、特に
激しい運動は尿酸値を一時的に上昇させます。発汗や下痢で脱水状態になったときも
血清尿酸値は上昇します。

5)他の病気の影響
腎機能が低下したり、血液の病気があったりすると尿酸値が上がることがあります。
悪性腫瘍が原因で高尿酸血症になることもありますので注意が必要です。

6)薬剤の影響
薬剤の中には、尿酸値を上昇させるものがあります。一部の利尿剤、喘息薬、結核薬
、少量のアスピリンが原因となることがあります。また健康食品の一部でも原因とな
ることがありますので、詳しくは内科医にご相談ください。


                広報特別委員会 副委員長 諸藤慎一郎(医師)

──────────────────────────────────────

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃6┃ホームページ最新情報                        ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


●東京JC HP・ブログのご紹介
○--------------------------------------------------------------------------
10月03日 「Story of JC Life 第2回」がスタート
10月03日 表紙告知に10月例会案内を掲載
10月03日 表紙告知に第3回 THINK SETAGAYAを掲載
10月03日 まちづくりプロジェクト〜命の尊さセミナー〜報告ページを掲載
10月02日 9月例会 フォトグラフィティを掲載
10月02日 東京JC理事・委員長意識調査ページ9月意識調査を掲載
10月02日 理事長あいさつ10月を掲載


 *詳しくはこちら↓
 →http://www.tokyo-jc.or.jp/
 
 *松本理事長によるブログはこちら↓
 →http://tokyojc.blog86.fc2.com/
 
 *広報弾丸取材日記はこちら↓
 →http://rinkanstaff.blog86.fc2.com/
 
 *携帯用サイトはこちら↓
 →http://www.tokyo-jc.or.jp/i/
──────────────────────────────────────


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃7┃一緒に活動しませんか?                       ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

●明るい豊かな社会を 共に力を合わせてつくり上げていきましょう!
○--------------------------------------------------------------------------

社団法人東京青年会議所には、理想とする明るい豊かな社会を築き上げるために、主
体的に行動する数多くのメンバーが集まっています。熱く議論を交わし、共に汗を流
す過程で何物にも代えることが出来ない何かを全員が掴み得ます。40才になるまで
の短い期間を、我々と共に精一杯に駆け抜けてみませんか?

 詳しい申し込みについてはこちらへ↓
 http://www.tokyo-jc.or.jp/2007/entry/


【東京JCサポーターズクラブ 入会メンバー募集中】

東京JCサポーターズクラブ(賛助会員)が変わりました!
よりご加入しやすくなり、活動の幅が広がります。活動を通じて、スキルアップが
はかれますよ。
共に、明るい豊かな社会の実現を目指して、運動をしませんか?
大学生・社会人大歓迎です!入会をお待ちしております。

 詳しい申し込みについてはこちらへ↓
 http://www.tokyo-jc.or.jp/2007/suporterclub/index.html
──────────────────────────────────────

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃8┃メルマガに広告を載せませんか                    ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

メルマガに広告を載せませんか?偶数号のみ広告の協賛企業を募集中〜
詳しくはお問い合わせより。

 お問い合わせ↓
 http://www.tokyo-jc.or.jp/2007/entry/give_cp.html
──────────────────────────────────────

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃9┃編集後記                              ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
段々と秋の気配が近づき、半袖のシャツでは風邪をひきそうになる季節になりました
ね。どうか皆さん風邪などひかぬようお気をつけください。

最近、色々な方のお話や講習会に出向く機会が多くなりました。その中でひとつ、伺
ったお話をご紹介したいと思います。

『日本には650万人の障害者が存在し、そのうち330万人は生まれた時からの先
天的なものではなく、後天的に障害を抱えた方々である。例えば、食べ物を喉に詰ま
らせてしまったことや、交通事故等が原因に挙げられる。障害者の方々の起こした犯
罪件数は年間7000件、再犯率は約70%。罪状は金銭に係わる詐欺が多く、理由
は様々だが、暴力団に『障害者年金手帳を取られて』『脅されて』等々が背景にある
ようだ。』

社会には、私たちには、何ができるだろうか。
バリヤフリーの充実、福祉社会の構築・成熟。

ふと、私は思います。
少しでもボランティアができる現在の自分の境遇が幸せだと・・・。


                       広報特別委員会委員 平手 克治


┏────────────────────────────────────┓
│●東京JCメールマガジン2007
│配信に関する手続き(HTML版→TEXT版への変更等)などは、
│以下のURLからお願い致します。
│なお、このメールは <(メールアドレス)>宛に送られています。
│<申込・バックナンバー>
http://www.tokyo-jc.or.jp/2007/mailmag/

│また、ご意見は以下のメールアドレスまで、お願い致します。
│<ご意見・ご感想、配信に関するお問い合わせなど>
│ tjc-mm@tokyo-jc.or.jp
├────────────────────────────────────┫
│発 行:社団法人東京青年会議所      編 集:広報特別委員会
│〒102-0093 東京都千代田区平河町2−14−3 青年会議所会館2F
│Tel:03-5276-6161  Fax:03-5276-6160
┗────────────────────────────────────┛
   Copyright(c) 2007 Tokyo Junior Chamber, Inc. All Rights Reserved.
            http://www.tokyo-jc.or.jp/


ページの先頭へ