社団法人東京青年会議所

東京JCメールマガジン 2008 Vol.07

2008年4月17日発行

いまを生きる JAYCEEへ 確かな未来(あした)は我らが拓く

事業告知 …4月例会/5月例会のお知らせ
知っていますか?
   こんなこと
…暫定税率について(道路特定財源について)
一緒に活動しませんか? …ともに汗を流す仲間を求めます!
編集後記  

事業告知

4月例会のお知らせ

 4月例会では、ベストセラー「世界一簡単な問題解決の授業」著者 渡辺健介氏そして、品川区教育委員会指導課 指導主事 滝渕正史氏をお招きし、「社会の歩き方」〜自分で考え自分で歩くには〜と題しパネルディスカッションそしてプレゼンテーションを行います。 現在の日本は過剰とも言えるサービスの提供により、人と接する事や自ら主体的に考える事をしなくても不自由なく生活できる社会が構築されています。しかしながら、今後の日本の成長を考えると、自ら考え、主体的に行動する能力を養うことが今求められてきています。 本例会では、パネリストから社会問題に適用されている、「問題解決」の手法を紹介していいただき、その日から家庭や会社、社会の中で実践出来る手法を提案致します。
詳細はこちら詳しくはこちら


 尚、本例会では一般のみなさまも多数ご入場頂けます。本例会を機会に、広く東京JCの活動をご記憶いただき、またご参加・ご協力頂けますよう御願い申し上げます。
詳細はこちらお申込フォーム

■開催日時 4月18日(金)18時から20時30分
■開催場所 東商ホール
■スケジュール 第1部
JCセレモニー
開会、国歌及びJCソング斉唱、JC宣言文朗読並びに綱領唱和、理事長挨拶
第2部
JCプレゼン
第3部
パネルディスカッション 「社会の歩き方」〜自分で考え自分で歩くには〜
*パネリスト
:渡辺健介氏 デルタスタジオ代表取締役
:滝渕正史氏 品川区教育委員会指導科 指導主事
*コーディネーター:高野光介君
理事長謝辞
閉会
■お申込 4月例会のお申込フォームへ
TJC AWARDS 2007
※時間厳守




5月例会のお知らせ

 私たちの住む東京は、戦後の荒廃から奇跡的な復興を果たし今や世界を代表する都市のひとつとなりました。しかし、その一方経済効率のみを追求した開発によってコミュニティーの喪失や防災リスクなど多くの問題を抱えています。また、国際社会に目を転じると、世界全体の急激な都市化によって地球規模の環境汚染が進行しており、私たちは改めて「都市東京」のあり方を問わざるをえなくなっています。50年後の東京はどうなっているのか?そして私たちは今なにをすべきなのか?「主題無き東京の変化」から脱却し、世界に誇るべき理想の国際都市東京を目指して市民としてみんなで一緒に考えていきたいと思います。
詳細はこちら詳しくはこちら


 尚、本例会では一般のみなさまも多数ご入場頂けます。本例会を機会に、広く東京JCの活動をご記憶いただき、またご参加・ご協力頂けますよう御願い申し上げます。
詳細はこちらお申込フォーム

■開催日時 5月20日(火)
■開催場所 文京シビックホール
■スケジュール 開場:18:00(開演前に安藤氏サイン会等)
開演:18:30
終了:21:00
■お申込 5月例会のお申込フォームへ

※時間厳守

 




知っていますか?こんなこと…

暫定税率について(道路特定財源について)

まず、道路特定財源というものが出来た1953年、田中角栄らの議員立法により作られました。その後、揮発油(ガソリン)税を契機に、石油ガス税・自動車重量税など 次々と道路特定財源となる税制が創設されました。
そのうち暫定税率とは、昭和49年道路整備5カ年計画の財源不足に対する為に税率を引き上げたもので、期間延長を重ね現在に至っております。

さて、道路特定財源及び暫定税率について、自民党・民主党の意見は異なり、自民党では、道路特定財源は最大59兆円規模の道路設備事業を展開する為に必要 民主党では、一般財源化して使途を自由化し、教育・福祉なども含めた予算の再編と、なっているようです。
但し、特定財源の使途については、タクシー代やレクリエーション費用など、道路と関係ない事業への支出が多数表面化し、自民党は徹底的な無駄の排除、民主党は天下り禁止と言っているようです。市民としては両党の言い分をすべて行ってほしいですね。

暫定税率も両党分かれており、自民党は「継続」 民主党は「廃止」となっているようです。
主な使用用途は道路設備ですが、自民党の継続理由として、地方の疲労や幹線道路網を建設し均衡ある発展を行う。民主党の継続理由として、一般財源から道路設備費用を捻出をする。また、生活必需品が値上げしているので、物流コストの削減を行う。
また、暫定税率が切れたことによって、国税で約1兆6000億円の歳入が減少するという事態が生じるそうだが、両党は歳入についてどのように考えているのか。
市民としては、今更「暫定税率」を復活されても困るし、廃止になっても、歳入のなくなった分をどこで補填するか疑問である。
今後、国会にていろいろ検討されると思われますが、どのような形であろうと、市民が幸せに生活出来るようになって頂きたい。


(取材班) 山田明秀 


 

一緒に活動しませんか?

明るい豊かな社会を 共に力を合わせてつくり上げていきましょう!

メンバー募集

一緒に活動しませんか?

 

詳細はこちら詳しい申し込みについてはこちらへ

社団法人東京青年会議所には、理想とする明るい豊かな社会を築き上げるために、主体的に行動する数多くのメンバーが集まっています。熱く議論を交わし、共に汗を流す過程で何物にも代えることが出来ない何かを全員が掴み得ます。40才になるまでの短い期間を、我々と共に精一杯に駆け抜けてみませんか?

編集後記

メールマガジンをご覧になっている皆様、暖かい季節となりましたが、如何お過ごしでしょうか。
さて、4月も半ばになり、初々しい新入生も多く見られる中、今年の東京JCの運動がいよいよ始動してまいります。
先日、目黒区長公開討論会を行い、5月になりますと、他の区長選挙も行われる予定です。
また、区長選挙だけでなく、様々な運動も開始されますので、随時メールマガジンにて、東京JCの運動を発信して行きます。
今後の東京JCにご期待下さい。


メディア戦略特別委員会 副委員長 山田明秀 




 

東京JCメールマガジン2008
配信に関する手続き(HTML版→TEXT版への変更等)などは、以下のURLからお願い致します。
なお、このメールは <(メールアドレス)>宛に送られています。
配信に関する手続き
申込・バックナンバー

また、ご意見は以下のメールアドレスまで、お願い致します。
ご意見・ご感想、配信に関するお問い合わせなど

 

Publisher 社団法人東京青年会議所 メディア戦略特別委員会
Editorial Staff

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-14-3 青年会議所会館2F
Tel. 03-5276-6161  Fax. 03-5276-6160

Web Site http://www.tokyo-jc.or.jp/


Copyright(c) 2008 Tokyo Junior Chamber, Inc. All Rights Reserved.