メールマガジン バックナンバー

┏━━━━━━━━━━━━┓
┃東京JCメールマガジン2008┃Vol.04             2008年3月3日発行
┣ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃            2008年度スローガン             ┃
┃           いまを生きるJAYCEEへ            ┃
┃          確かな未来(あした)は我らが拓く           ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 ◆◇◆CONTENTS◆◇◆
 --------------------------------------------------------------------------
 1 事業告知                    … 3月例会のお知らせ
 --------------------------------------------------------------------------
 2 アンケート               … 青年に聞いたアンケート結果
 --------------------------------------------------------------------------
 3 知っていますか?こんなこと        … 再生紙の現状と今後の展開
 --------------------------------------------------------------------------
 4 企業広告              … 週刊誌『日経ビジネス』のご案内
 --------------------------------------------------------------------------
 5 一緒に活動しませんか?       … ともに汗を流す仲間を求めます!
 --------------------------------------------------------------------------
 6 編集後記
 --------------------------------------------------------------------------


┏━┓
┃1┃事業告知
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆3月例会〜取り戻そう 地域の人の輪〜のお知らせ
◇--------------------------------------------------------------------------

〜国民が意欲的に参加する社会に向けて〜

 3月例会では、マーケティングコンサルタントの西川りゅうじん氏(焼酎ブーム・
つくばエクスプレス・表参道ヒルズなどの仕掛け人)を講師にお招きし、「取り戻そ
う地域の人の輪」〜街づくりは人と人の絆から〜と題し、「街づくり」をテーマに講
演、プレゼンを行います。
 東京は戦後を乗り越え復興を遂げていった中、経済の中心地として発展し、都市機
能が整備されていき、地域の発展と同時に市民の生活様式は多様化し、市民は従前の
地域コミュニティに参加する事がなくても別段不自由なく生活が出来る時代になって
います。

  ◆詳しくはこちら
   http://www.tokyo-jc.or.jp/2008/reikai03/index.html

■マーケティングコンサルタント:西川りゅうじん氏 プロフィール
1960年兵庫県出身。一橋大学卒業。鹿児島県本格焼酎マーケティング研究会座長とし
て昨今の焼酎ブームの演出に携わったり、地価上昇率日本一になった「つくばエクス
プレス」沿線地域のPRスーパーバイザーを務めるなど官公庁や、「六本木ヒルズ」「
表参道ヒルズ」のコンセプト作りに参画するなど各種企業に対する実践的コンサルテ
ィングには定評がある。
東京工業大学、早稲田大学、津田塾大学の非常勤講師、拓殖大学客員教授を歴任する
。アッシー、ジモティ、コヤジ、価値組など流行語の造語でも知られる。

■開催日時  :3月11日(火)
■開催場所  :東商ホール
■スケジュール:17:30 受付開始
        18:30 開会
        18:45 講演(講師 西川りゅうじん氏)
        20:15 プレゼン
        20:30 閉会
■お申込    http://www.tokyo-jc.or.jp/2008/reikai03/form.html

--------------------------------------------------------------------------◇


┏━┓
┃2┃青年(25歳から40歳まで)に聞いたアンケート結果
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇--------------------------------------------------------------------------
<政治>
(1)現在の内閣をあなたは支持致しますか?
1支持する…40%
2支持しない…59%
3無回答…1%

(2)最近、解散総選挙が騒がれておりますが、次の選挙では、
与党・野党どちらを支持致しますか?
1与党…52%
2野党…42%
3無回答…6%

<経済>
(1)今現在、日本の平均株価は13,000-前後にですが、あなたは日本の経済状況をみて、
今後、見通しがどのようになるとお考えですか?
1今後伸びる傾向にある…25%
2現状維持…34%
3今後も下がる傾向にある…40%
4無回答…6%

(2)今の経済状況の中、あなたの会社の経済状況はいかがですか?
1前年売上比率UP…36%
2前年売上同様…42%
3前年売上比率DOWN…22%
4無回答…0%

(3)近年増税と騒がれている中、あなたの会社は増税に見合う昇給はありましたか?
また、見合わなくとも定期昇給がありましたか?
増税に見合う昇給
1ある…32%
2なし…66%
3無回答…2%
定期昇給
1ある…46%
2なし…51%
3無回答…3%

--------------------------------------------------------------------------◇

┏━┓
┃3┃知っていますか?こんなこと…
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆再生紙について
◇--------------------------------------------------------------------------
 リサイクルの代名詞で優等生でもありました再生紙の古紙配合率の表示擬装問題が
発生したことは記憶に新しいことと思います。コピー用紙から年賀ハガキまで「再生
紙」と名の付く商品はほとんどが表示擬装でした。原因は企業のコンプライアンス軽
視と再生紙品質の過当競争のようです。
 現状では、従来より流通していた古紙配合率100%のコピー用紙は、100%ではない
ことを断った上で販売されています。行政などでは、印刷物に古紙配合率を明記する
ことが通例でしたが今年の6月くらいまでは 「再生紙を利用しています」 という表
示に留めるという暫定措置が講じられています。
 現在では、古紙配合率70%以上に適用されていた「グリーン購入法」の認定基準の
見直しが進められています。中国など古紙の需要が増大し、古紙の量自体が不足して
いることも合わせ、新基準の内容が注目されています。
 紙は日常的に使用するもので、環境を意識した具体的な行動=購入ができる代表的
な商品ですので、みなさんも今後に発表される新基準に注目頂きまして、会社や家庭
での再生紙の購入基準を見直してみてはいかがでしょうか。

                           (取材班) 山田 明秀
--------------------------------------------------------------------------◇

┏━┓
┃4┃企業広告
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

経済誌部門で読者数15年間連続NO.1を達成している週刊誌『日経ビジネス』のご案内
◆--------------------------------------------------------------------------
【33万人のビジネスリーダーが選ぶNO.1経済・経営誌】
 日経ビジネスは、国内圧倒的No.1の経済・経営情報誌。時代を見通す先見性と鋭い
分析力で、ビジネスの一歩先を提示し続けます。●現場取材へのこだわり●ニュース
の深層をえぐる●失敗事例の検証●独自調査・ランキング など独自の編集視点で、
約40年間、ビジネスの最前線で勝ち残るための情報を発信し続けています。

 本格的なグローバル競争、内部統制、急増するM&Aなど、企業を取り巻く環境は大
きく変化、これはIT業界・ソフト産業にも顕著です。「日経ビジネス」の企業経営
・マネジメント情報は、必ずや皆様の経営力・営業力アップにつながるものと思いま
す。

 このたび青年会議所会員様はじめ、当メールマガジンご購読者様限定の特別価格の
特別価格をご用意いたしました。

2008年:1年購読料金(50冊・税込) 23,000円 ⇒(2007年料金の)21,000円

でご購読いただけます <申込締め切りは3月26日>

さらに申込特典として、日経ビジネス特別編集版『50人が語る経営語録』を進呈し
ます。
この機会をお見逃しなく。

■お申込は、専用ホームページ↓
 http://www.nikkeibpm.co.jp/client/tokyoseinen/
でいますぐどうぞ
3月27日以降は、この専用ホームページを閉鎖してしまいますので、お申込はお早め
にお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------◇

┏━┓
┃5┃一緒に活動しませんか?
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆明るい豊かな社会を 共に力を合わせてつくり上げていきましょう!
◇--------------------------------------------------------------------------

社団法人東京青年会議所には、理想とする明るい豊かな社会を築き上げるために、主
体的に行動する数多くのメンバーが集まっています。熱く議論を交わし、共に汗を流
す過程で何物にも代えることが出来ない何かを全員が掴み得ます。40才になるまで
の短い期間を、我々と共に精一杯に駆け抜けてみませんか?

 詳しい申し込みについてはこちらへ↓
 http://www.tokyo-jc.or.jp/2008/entry/


【東京JCサポーターズクラブ 入会メンバー募集中】

東京JCサポーターズクラブ(賛助会員)が変わりました!
よりご加入しやすくなり、活動の幅が広がります。活動を通じて、スキルアップが
はかれますよ。
共に、明るい豊かな社会の実現を目指して、運動をしませんか?
大学生・社会人大歓迎です!入会をお待ちしております。

 詳しい申し込みについてはこちらへ↓
 http://www.tokyo-jc.or.jp/2008/suporterclub/index.html
--------------------------------------------------------------------------◇

┏━┓
┃6┃編集後記
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆--------------------------------------------------------------------------
メルマガ第4号は如何だったでしょうか?
今回は最近騒がれております、「表示偽装」について、掲載させて頂きました。
近年「コンプライアンス」がかなり重視されている中、コストの問題や、企業が求め
る品質精度を重視するあまり、製造を行う会社はコストや品質精度の為に、コンプラ
イアンスを軽視しているのではないでしょうか。
そのような背景があるから「表示偽装」を行ってしまうのではないでしょうか?
しかし、いかなる状況下であろうと、やはり企業のあり方として、世の中に対し正直
に事業を行っていかなければならないのではないでしょうか。

                メディア戦略特別委員会 副委員長 山田 明秀
--------------------------------------------------------------------------◇

┏────────────────────────────────────┓
│●東京JCメールマガジン2008
│配信に関する手続き(HTML版→TEXT版への変更等)などは、
│以下のURLからお願い致します。
│なお、このメールは <(メールアドレス)>宛に送られています。
│<配信に関する手続き>
│ http://www.tokyo-jc.or.jp/lr.asp?m=<(暗号)>&p=<(パスワード)>
│<申込・バックナンバー>
│ http://www.tokyo-jc.or.jp/2008/mailmag/

│また、ご意見は以下のメールアドレスまで、お願い致します。
│<ご意見・ご感想、配信に関するお問い合わせなど>
│ tjc-mm08@tokyo-jc.or.jp
├────────────────────────────────────┫
│発 行:社団法人東京青年会議所     編 集:メディア戦略特別委員会
│〒102-0093 東京都千代田区平河町2−14−3 青年会議所会館2F
│Tel:03-5276-6161  Fax:03-5276-6160
┗────────────────────────────────────┛
   Copyright(c) 2008 Tokyo Junior Chamber, Inc. All Rights Reserved.
            http://www.tokyo-jc.or.jp/


ページの先頭へ