事業案内トップ

なでしこ委員会

「なでしこ委員会」とは、創立63年の歴史を持つ、公益社団法人 東京青年会議所に2012年に設立された、初の女性委員会です。

「新時代の女性リーダー像」の構築と発信をし、地区を越えた横の連携と、女性が参加しやすい社会運動への効率化、活動が自身の財産となることが実感できる設営を目指していおります。

詳しくはこちら

東日本大震災復興支援

昨年の3月11日に発生した東日本大震災に伴う津波や余震により甚大な被害がもたらされました。
我々はONE FOR ALL ALL FOR ONEの精神に基づき次世代を考える事が国最大の資源である人を創り、更には国創りへと発展すると信じ努力惜しまず行動して参ります。

2012年度 東京JCでは2012年3月11日に発生した東日本大震災の復興を支援するために復興支援特別委員会を組織致しました。

*復興支援特別委員会についてはこちらをご覧下さい。

*また、震災発生直後からの東京JCの支援活動についてはこちらをご覧下さい。

わんぱく相撲

「わんぱく相撲」は遊び場の少ない東京の子供達にスポーツの機会をより多く与え、心身の鍛練と健康の増進を目的として、身近に行える"相撲"を、公益社団法人東京青年会議所が、23区全域に運動として展開しています。
そして2012年7月29日には「第28回わんぱく相撲全国大会」を財団法人日本相撲協会と共催で開催いたします。

たくましい東京

東京の抱える問題の本質は、景気の長期低迷や政治の不安定、そして市民の生活不安に加え、大震災と原発の脅威を抱えた市民の将来に対する希望の喪失にあります。

東京が再び元気と活力を取り戻し、自信と誇りに満ち溢れる逞しい人材を育てるため、先ずは自分たちが乱立された情報に左右されることなく、自信を持ち判断力を高め、実践することが必要です。

そのためには、23地区委員会と連携強化を図り、時代の求める運動の本質を抽出し、模索致します。そして、一人ひとりが社会に対して関心と明確な意思を持ち、たくましい市民がうまれる土壌を作る4月例会を開催します。「たくましい心の開発プログラムを提案し、生き抜く力を持った人々が息づく都市の構築を目指し広く発信していきます。

また、23区の委員会や市民との勉強会を開催し、それぞれの地域の個性を改めて認識し、地域の問題点を整理し、地域の繋がりを再構築していきます。更に、市民、行政、企業、各種団体と有機的な連携を持って、地域に根を張った運動を展開していく為に、9月例会では、5年、10年先の未来図を描き、東京JCのアクションプランを策定します。

何世代もかけて経験する変化の波が次々に起こる現代社会において、私達が市民の先頭に立って行動し、政策実践力のある運動を進め、「たくましい」東京の創造を目指していきます。

公開討論会

「公開討論会」とは、衆議院・参議院議員選挙、知事選挙、区長選挙などに先立って、これらの選挙に立候補を予定している方々に参加していただき、国政、都政、区政の抱える問題点についての政策や具体的な解決策などを聞く会です。
現行の公職選挙法では、選挙期間中に立候補者以外の第三者がこのような会を開くことが禁じられているため、選挙期間前に立候補を予定している方々にご参加頂いて政策を聞くという方法をとっています。

地区委員会事業の紹介

今年度も23区の各地区委員会で、それぞれの地域の特色にあった様々な事業が開催されました。

ページトップへ