東京青年会議所(JC)について

概要

私たち公益社団法人 東京青年会議所(略称 「東京JC」 以下本文中では、「東京青年会議所」 と呼称)は、1949年(昭和24年)、戦争の傷跡が街にも人々の心にも深く残る中、「新日本の再建は青年の責務である」という志を同じにする青年達によって築き上げられました。以来東京青年会議所は「明るい豊かな社会の実現」という理念を掲げ、様々な活動・運動を行ってきました。また東京青年会議所は、人権、国籍、性別、職業および宗教の別なく自由な個々の意志により入会したメンバーで構成されています。

日本の青年会議所は活動の基本を「奉仕」「修練」「友情」におき、会員相互の啓発と交流をはかり、公共心を養いながら、地域との協働により社会の発展に貢献するために活動しており、ボランティアや行政改革などの社会的課題に積極的に取り組んでいます。青年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、40歳をむかえ卒業した卒業生も含め、地域のボランティアのリーダーとして活躍するばかりではなく、政財界 へも多くの人材を輩出しています。

東京青年会議所は東京23区を活動地域とした地区青年会議所(LOM : Local Organization Member)の1つです。また、公益社団法人 日本青年会議所という国家青年会議所(NOM:National Organization Member)にも所属しています。 詳しくは「青年会議所(JC)とは?」ページをご覧下さい。

行動理念・目標

青年会議所はその行動理念と目標を「JC宣言」「綱領」として明確に表現しています。

東京青年会議所内の組織

大まかに下図のような構造になっています。
より具体的な組織の構造、各委員会については組織図またはページ右のメニューよりご確認下さい。

2013年度の組織説明

ページトップへ