副理事長・専務理事・常務理事

副理事長・理事長代行 猪越 太一

2013年度、例会特別委員会・TJCアカデミー特別委員会・地区戦略実現会議を担当いたします副理事長の猪越太一と申します。
例会特別委員会では、例会を主管する委員会が独りよがりのものではなく、社会のニーズに対応し、東京青年会議所が目指す方向性としっかり合致しているかという視点で例会事業の構築をしていきます。
TJCアカデミー特別委員会は、入会2年目のメンバーが中心となり、運動を行っていきます。新しい感性を東京青年会議所に投入し、組織の新陳代謝をはかります。
地区戦略実現会議は、地区委員会の活性化を促すために新設された会議体です。東京青年会議所の中の地区という位置付けを再認識し、物事を考え、メンバー全員で汗をかき、行動して更なる飛躍をしていきます。一年間よろしくお願い致します。

副理事長 平手 克治

2013年度、新たに設立される東京都政連携会議と、政治行政・観光開発・観光推進を担当する平手です。
私に与えられたミッションは東京都との連携・協力体制の構築及び、数多くの観光資源をもつ東京の魅力を伝える観光推進です。
その活動の第一歩として、東京JC全体の政策をまとめ、皆さんに分かりやすいものとして社会に送り出します。
一人ひとりができることは当然異なり、限界があるかも知れません。しかし、一人の想いから地域や社会、国までもが変わっていくことも事実です。今後の日本を支える若者の代表として、スピード感のある活動を通し、東京JCの存在感をより強く、逞しいものへと進化させていく一助となれば幸いです。一年間よろしくお願い申し上げます。

副理事長 田村 学彦

犯罪現場の特徴は汚い場所で起こるといわれます。いじめや虐待も汚い言葉が存在するところで起こります。であればこそ、綺麗な環境、綺麗な言葉、綺麗な精神が根本的解決に繋がるのではないでしょうか。そのきっかけとして、教育推進グループの事業方針を日本人の精神である「他を慮る利他の精神」として徳育を推進し、本年第39回を数えるわんぱく相撲地区大会や各事業、活動を通じて、感謝の言葉や思いやりある行動が大切であることを訴え浸透してまいります。
2013年度教育推進グループは教育政策特別委員会、わんぱく相撲特別委員会、教育推進室で構成されます。スローガンである「再建」を実践する上ではより多くの様々な機会をメンバーに提供することが重要であります。教育推進グループ間で密接に連携しながら、教育政策や教育事業の効果的な運動と積極的な組織の強化を図って参ります。

副理事長 有賀 靖典

2013年度副理事長を拝命いたしました有賀靖典と申します。本年度は「復興支援特別委員会」と「環境政策特別委員会」を担当することとなりました。どちらの委員会も未来の明るい豊かな社会の実現に向けて、最優先に取り組まなければならない諸問題を抱えております。また世間の関心も非常に高まっているテーマを扱う委員会となっております。東京青年会議所として、今すべきこと、また東京から発信すべきことをしっかりと捉えて我々の子どもの世代が健やかに暮らしていけるような持続可能な社会の実現に向けて活動して参ります。これらを実現するためには皆様方のご協力が必要不可欠です。担当スタッフ・メンバー共々責任と自覚をもって取り組んで参りますのでこれから一年間何卒宜しくお願い致します。

専務理事 木村 光範

私たち東京JCは、公益社団法人として、常に公の益となる運動を展開していくことが求められています。運営面を盤石にし、さまざまな事業・活動が、法令や定款諸規則を遵守し、公の益となる運動であることを常に担保するための仕組みづくりとその運用を、責任を持って行って参ります。また、情報が爆発的に溢れ、発信しただけでは埋もれてしまう中、カギとなる人に対話型で本質を伝え、インターネット上のツールも活用し、口コミによる広報を会として一貫して行っていくことで、事業・活動を効果的に広く一般に知っていただき、運動の公益性を向上させていきます。そして、会の内外における交流を活発に行い、青年世代にふさわしい、新たな視点での運動展開を行える仕掛けを作り、日本再建・世界平和に貢献して参ります。ご支援・ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

常務理事 佐藤 壮一郎

6年ぶりに設置された常務理事という役を拝命することとなりました。総務室 室長として総務委員会、広報委員会、渉外委員会、国際渉外委員会と4つの委員会をお預かり致します。総務委員会ではメンバーの会議・例会などの設営、またメンバー向けの情報提供を、広報委員会はあらゆる媒体を駆使して私たちの活動を対外に発信致します。渉外委員会・国際渉外委員会は国内外のJayceeと私たちを繋ぐパイプです。東京JCの活動を、存在を知らしめる役割を担っています。
メンバーの運動がエンジンならば、私たちが担う運営はそのエネルギーを一つも無駄にすることなく推進力とするミッションでありタイヤです。派手に目立つことはありませんが、円滑な運営で皆様を、そして社会に貢献できるよう努めます。

ページトップへ