総務室

総務室とは

機能と役割

  • 諸会議における運営・管理もしくは補助
  • 国内における各種大会での交流会の開催
  • 例会および国外における各種大会の交流会での運営支援
  • 諸事業及び各種勉強会のメンバー向け情報提供・対外向け広報
  • 契約、規律、諸規則および法令遵守のための情報提供
  • 公職出向者情報の管理
  • スタッフセミナーの開催
  • 趣味の会・友好の会統括会議の開催
  • 東京JCオンラインフォーラム(OLF)のあり方の検討
  • 日本JC等へのアワードのとりまとめ
  • 社会貢献基金の運用
  • JCI・日本JC・関東地区協議会・東京ブロック協議会・国内LOMとの対応窓口
  • 各国NOM、LOM、国際機関、他団体との対応窓口
  • 出向者連絡会議の開催

 

総務室 室長 佐藤壮一郎 挨拶

運動体である東京青年会議所がその活動を円滑に、そして効果的に推進するためのサポートをするのが総務室です。如何に素晴らしい能力を持ったメンバーが集っても、土台がしっかりした組織でなくては安心して力を発揮することができません。
総務委員会を中心としメンバーの会議・例会等の設営、またメンバー向けの情報提供を、広報委員会を窓口として私たちの活動の対外発信を行います。PCやインターネットの普及によって多様且つ複雑になっていく情報から必要なものをわかりやすく伝えることが求められています。
渉外・国際渉外委員会は国内外のJayceeたちと私たちメンバーを繋ぐパイプです。日本でもっとも歴史があり、首都東京をエリアとする東京青年会議所は世界で最も注目されるLOMの一つです。メンバーが誇りをもって各所で活躍できるよう、東京青年会議所の顔となって道を造っていきます。
これからますます東京青年会議所の担う役割は大きくなっていきます。その期待に応えるため、そしてそのためにメンバーひとり一人が注ぐ力をわずかでも無駄にすることのない組織を運営するのが担いです。
運動と運営は両輪であると言われるよう誇りを持てる室であるよう努めます。

総務委員会

機能と役割

  • 諸積極的なメディアの活用による東京JCブランディングの強化
  • 会員拡大への積極的な取り組み
  • 例会への参加
  • 特別委員会主管事業への参加と協力
  • 会員交流の活性化に向けた積極的な取り組み
  • JCI・日本JC・関東地区協議会・東京ブロック協議会の各種大会への参加と協力
  • 総会・理事会等諸会議の運営並びに記録の保存管理 
  • 日本JC等(JCI除く)へのアワード及び人間力大賞の申請等窓口
  • 東京JCアワード(褒賞)の申請窓口
  • 会員及び会員情報の管理
  • 入会審査の開催支援
  • 基本資料・会員名簿の発行
  • 定款・諸規則の検討
  • 総務室開催行事への運営協力
  • 東京JCの活動情報・資料等の電子化
  • 委員会出席関連表彰の選定と実施
  • 東京JCオンラインフォーラム(OLF)のあり方の検討
  • 関係団体各種事業への協力

総務委員会委員長 齋田武夫  挨拶

2013年度、われわれ総務委員会は、事務局や他の会務系委員会と連携しつつ、メンバーのための情報発信や諸手続、資料の整備を迅速・確実に行い、メンバーの皆様の活動をサポートさせていただきます。また東京JCの例会や全体事業、JCI・日本JC・関東地区協議会・東京ブロック協議会の各種大会等で、運営がより一層スムーズなものになるよう努めてまいります。
 そして総務委員会そのものの運営も、他の各委員会にわれわれの雰囲気を波及させるという意気込みで、楽しく真剣なものにいたします。
 これまで、私自身がJCで過ごしてきた時間を思い返してみますと、どのような会議も事業も、あまたの諸先輩方や同世代の仲間たちが、厖大な時間と労力を費やして積み重ねた活動と、その結果得られた知恵にもとづいて成り立っていたのだと、あらためて実感されます。
 「再建元年」と位置づけられた2013年度、東京JCの運営方の責任の一端を担わせていただく意味の大きさを、ひしひしと感じています。そして僭越ながら、この気持ちは私以外のメンバーの皆様とも共通するものではなかろうかと思っています。
 そうした中、一年間を通じて、全メンバーがより有意義にJC活動を行える環境を準備し、その結果として運動の伝播に貢献することで、これまで私が蒙ってきたご恩に少しでも報じることができればと願っております。

広報委員会

機能と役割

  • 例会 及び 特別委員会主管事業への積極的な参加と協力
  • 会員拡大 及び 会員交流の活性化に向けた積極的な取り組み
  • 災害復興支援活動への積極的な取り組み
  • 積極的なメディアの活用による東京JCブランディングの強化
  • JCI・日本JC・関東地区協議会・東京ブロック協議会の各種大会への積極的な参加と協力
  • 東京JCブランディング手法の策定と実践
  • 例会・事業などの積極的な広報活動
  • 東京JCにおける様々な活動の情報集約及びメディア等への発信
  • マスコミとの戦略的な連携
  • マスコミ向け宣伝材料の取りまとめ
  • 他情報発信団体との戦略的な連携・宣伝材料の取りまとめ
  • 広域的運動の受発信を可能にする広報活動の展開
  • TokyoJCNews・組織案内書の発行
  • 東京JCアニュアルリポートの作成
  • 東京JCメールマガジンの発行
  • 東京JCホームページの制作、管理運用並びに各委員会ホームページとの連携
  • 各発信媒体取り扱いのガイドラインの作成及び管理
  • 情報発信のあり方についての検討及び提案
  • 情報発信活動についてのメンバー向け勉強会の開催

広報委員会 委員長 深野賢一郎 挨拶

「どんなに素晴らしい事業を実施しても客席が空では事業として成り立ちません」という理事長所信にもある通り、動員のみならず協賛や事業に協力を得るにも、公の利益となる運動として周知されていなければ、理解、協力を得るのは容易ではありません。会員拡大に関しても同様です。 時間と労力だけが掛るだけのJC活動でなく見合うかそれ以上の社会的評価が得られる様な団体にしていきたいと考えています。その為に外部発信を積極的に行い、マスコミというリソースを有効に活用しプレスリリースやメディア懇談会等で事業をメディアに掲載される事でこれからの時代を担う若い世代に発信していきます。また、東日本大震災を風化させない為の発信として東北の現状を紹介することで震災風化させない為の発信をしていきます。また、多くの参加者が集まる事業でのアンケートを利用しメールマガジンの登録を促す事で、以降の事業の動員の取り込みを図るとともに、必要に応じてHPやメールマガジより事業に必要な情報収集を積極的に行うことで、参加者の意識調査や事業構築の参考データとして各委員会に情報のフィードバックを行い双方向コミュニケーションツールとしていきます。

渉外委員会

機能と役割

  • 出向者の把握・支援・東京開催ご当地委員会での渉外業務
  • JCI・日本JC・関東地区協議会・東京ブロック協議会が開催する諸会議・大会の存在意義・情報等のメンバーへの発信
  • 京都会議・サマコン・全国大会時における渉外業務、及び役員の行動予定表作成
  • 他LOM等における周年事業等の情報収集、及び渉外業務
     

渉外委員会 委員長 高橋茂雄 挨拶

  当委員会では日本JC、関東地区協議会、東京ブロック協議会との連携を密接にし、情報収集をし、他LOMとの繋がり、友情を構築する事も図っていき、東京JCの運動をより円滑に、効率的に行える様にします。そして東京JCの顔を作っていくのが当委員会です。東京JCは今まで、そして本年度も多数の役員、出向者を輩出しており日本全国のLOMから注目されております。東京JCの対外統括窓口として、恥ずかしくない対応、おもてなしが出来る様、渉外委員会一丸となって努めて参る所存であります。当委員会は次世代の東京JCを背負って立つ人間の集まりという認識と共に、メンバー全員には志を高く、諸大会、諸会議等、どんな時でも貪欲に学び、気付きを得て頂きたい。特に当委員会は役員やOBと接する機会が多く、そこから気付かされる事や、学ぶべきところが沢山あるので、そういったチャンスを活かして個人の成長に繋げていく事が出来れば、東京JCを引率していくリーダーシップを磨く事が出来るはずです。メンバー全員が只やるべき事をやるのではなく、自らが考え慮り、楽しんで活動する。諸大会や例会に当メンバーが積極的に参加し、その楽しさや魅力を地区でPRし、興味を持って頂き、東京JC全体を活発化する。当委員会は全員が仲間意識、思いやり、東京JCの顔を作る委員会という心構えを持ち、青年経済人として成長でき、楽しめる委員会にしていきます。

国際渉外委員会

機能と役割

  • スモーキーマウンテンプロジェクトの開催
  • JCI諸事業における各種交流会等の運営
  • 各国NOM、LOM、国際機関、他団体との連携
  • JCI諸事業及び交流会の運営
  • 日中関係事業への参加及び協力
  • アジア太平洋国際都市会議(APICC)への参加及び協力
  • JCIへの褒賞・表彰申請等窓口
     

国際渉外委員会 委員長 與儀育子 挨拶

2012年現在、世界中で100カ国以上約17万人の青年会議所メンバーが活動しています。その中でも日本JCは大きな組織力を持っており、またそのキャピトルロムである東京JCは強い影響力と大きな発言力を持っています。その東京JCの活動内容、運営方法、動員力は海外でも非常に興味を持たれています。まずは姉妹ロムとのコンタクトを密に取りしっかりとした関係を築き、求められる情報を開示し、民間外交によるメリットをお互いに認識できるような関係を築きます。一般メンバーに対しては海外で行われる諸会議への円滑な設営や誘導を行います。海外での活動の窓口となり一人でも多くのメンバーがAPICC、ASPAC、世界会議に参加しやすい環境を作ります。日本全国、全世界にネットワークがあるこの青年会議所の強みを生かし、他NOM、LOMのメンバーと交流しグローバルな人材育成の機会を作ります。そして委員会メンバーに対しては自分たちが東京JCの構成メンバーという意識を改めて持ってもらい、例会や事業への積極的な参加を促します。委員会ではトレーニングを積極的に行い海外での活動に必要なスキルアップを行うと共に、事業を行うことで東京青年会議所として活動することの意義や過程を今一度見つめ直し、他委員会の皆さまのお力も借りることで交流も増やし、国際渉外委員会の間口を広げていきたいと思っています。

スモーキーマウンテンプロジェクト

ページトップへ