政治行政政策特別委員会

政治行政政策特別委員会

機能と役割

  • 衆議院議員選挙 公開討論会の実施
  • 参議院議員選挙 公開討論会の実施
  • 東京都議会議員選挙 公開討論会の実施
  • 政治行政分野での東京JCとしての統一的見解の策定と実践
  • 3月例会の開催支援
  • 11月例会の開催支援
  • インターネットの利用による公開討論会への付加価値付与
  • 各区長選、その他公開討論会事業計画書・予算書・報告書・決算書の協議・審査
  • 政治行政分野における勉強会の開催
  • 外部(各政党・行政機関・メディア・関係団体等)との連携の実施
  • 各種公開討論会のあり方に関する検討
  • 年間運動報告書の作成
     

政治行政政策特別委員会 理事・委員長 中村豪志 挨拶

 「私たち責任世代が率先して汗をかく。」理事長所信にあるこの言葉を体現していきます。この混沌とした現在の日本を再建するためのキーワードは「人」だと信じています。人が変わらなければ物事は変わりません。「人が変わる」「人を変える」ためのきっかけづくりを率先して行うのが本委員会の担いであると考えます。基本方針として、下記の点を推進します。

 1.効果的な公開討論会の実施
政策実現を可能にする政治家を選択するための唯一の方法である選挙に際し、特に青年会議所メンバーをはじめとする20-30代の有権者が意識をもち行動するためのきっかけをつかめる場の提供をします。立候補予定者および政党の政策を比較考量し判断できる内容を、より多くの有権者に提供できる手法で発信します。

 2.政策実現のための長期的ビジョンと中期的プランの明確化
長期的なビジョンとその実現のための中期的プランを策定し、その初年度としての活動を明確にします。何のために運動をするのかのビジョンを持ち、そのために必要なプロセスを認識し、

現在地を把握するフレームワークが必要だと考えます。

どちらにも言えますが、東京青年会議所メンバーが意識を持ち率先して行動する。それがあってはじめて社会に対して運動したときにその思いが周囲に伝わり、人を動かせるのだと思います。この積み重ねを下記の事業計画・活動計画全体を通して実践します。

東京青年会議所における政治行政政策特別委員会の政策提言

ページトップへ