例会案内

例会とは

公益社団法人東京青年会議所が目指すべき運動の方向性や政策をメンバー間で確認する場、メンバー同士の親睦を図る場、さらには社会へ直接訴えさせて頂く場として毎月一回様々な切り口でテーマを設け、月例会を開催しております。

メンバーのみ参加の例会と一般市民の皆さまをお呼びして行う例会の2種類があり、後者においては各テーマの認識を深め、『今、我々市民が何を問題とし行動に移さなければならないのか』という気持ちを共有し醸成して いく事を目的としています。

2013年度は『再建~正直者が報われる社会の実現~』をスローガンとしております。夢を持ちにくくなっている現在の社会を少しでも変えられるよう、各委員会、メンバーのベクトルを合わせ、より効果的な運動を行って頂く為、月例会は重要な役割を果たしています。

2014年度 1月 新年賀詞交歓会

「志への挑戦」 ~民と民が支えあう強い社会を目指して~

 2014年度の東京青年会議所の運動の始まりを伝えると同時に65年目の始まりを伝える機会とするため、1月例会を開催いたします。
64年に渡る東京青年会議所の歩みを確認すると共に、65年目の年として理事長が自らの言葉で基本方針を語り、メンバーが2014年度の考え方や方向性を改めて認識することは、本年のみならず今後の運動への道筋となります。そして、シニアや関係諸団体に基本方針を理解していただくことは、今後の協力体制を強化することにもなります。
また、2014年度は地区委員会設立40周年でもあります。この例会においてシニアとの絆を再確認することで、確固とした「志への挑戦」へのスタートといたします。

2013年度 12月クリスマス・卒業式例会

~あなたとJCやれてよかった~

東京JCでは、その年最後の12月例会を、その年の卒業生と、現役メンバーが
一同に集い、喜びを分かち合い、今後の東京JCの発展に向けエールの交換を
行う、卒業式例会と位置づけています。

開 催 日 2013年12月7日(土)
開催時間 16:30~20:30
開催場所 ホテル日航東京 ペガサスホール
(東京都港区台場1-9-1)
本例会はクローズド例会となっております。
当日は託児所をご用意させていただきます。
皆様お誘い合わせの上ご参加下さいますようお願い致します!

2013年度 11月例会/【 輝く日本経済の未来とは~中小企業が日本を元気にする~】

※一般の方も参加出来ます。

中小企業が日本を元気にする

アベノミクス、 オリンピック。 
みんなの心が一つになって忘れかけていたあの輝きを取り戻しつつある日本経済。今こそ、この環境変化に柔軟かつ大胆に対応する時。飛躍し、成功を導き出すヒントがここにある。

2013年11月25日(月)
東京国際フォーラム ホールB7
開会:18:00
閉会:21:10

※一般の方も参加出来ます。

2013年度 10月例会/【 ~成功の秘訣は、今こそ『対話』にあり!~】

~成功の秘訣は、今こそ『対話』にあり!~

本例会では、コミュニケーションの重要性をテーマに、宇宙飛行士である秋山豊寛氏や元ビーチバレー選手でもある浅尾美和氏、東京農業大学教授、木村俊昭氏、NPO法人CRファクトリー代表呉哲煥氏をお招きし、様々な視点から「対話」を切り口として日常生活、やビジネスなど様々なシーンで対話の重要性を再認識し、活用していく道筋を持ち帰ってもらいます。

2013年度 9月例会/心に火をつけろ

※一般の方も参加出来ます。

~自分を信じていい時代 今、一歩を踏み出す君たちへ~

現在、日本社会はアベノミクスによる経済成長を画策しているが、未だ
政治、経済ともに危機的状況が続いています。要因として、強い信念と行動力をもったリ
ーダーの不足があげられます。今こそ、真の強いリーダーシップを発揮し、主体的に地域
社会で行動していく人材の育成が求められています。本例会はこれからの日本を担う若者
である学生のリーダー育成を、東京JCが担うことで手本となり、道しるべとなることを主眼とした事業です。

9月例会 TJCアカデミー ホームページ
http://tokyojc-reikai.com/
「心に火をつけろ~自分を信じていい時代 今、一歩を踏み出す君たちへ~」

※一般の方も参加出来ます。

2013年度 8月例会/ひとつの光が輝くとき

ひとつの光が輝くとき~心の対話がきずなを紡ぎいのちを繋ぐ~

夢や目的を持って今を精一杯生きる子ども達の姿が多く見られる一方で、
近年の家庭・教育・地域環境等の変化に伴い、青少年のいじめの質にも変化が見られ、
その認知件数も11,500件を超え増加傾向にある。背景には、核家族化や親子問題、
夫婦問題や地域コミュニティーの希薄さにより、人間性・社会性・道徳心が育たなく
なってきていることが影響を及ぼしていると考えられえる。
そこで、大人同士・夫婦・親同士・親と先生・地域が、お互いを許容し真剣に
向き合えるようになる社会をつくるきっかけとして、「ひとつの光が輝くとき
~心の対話がきずなを紡ぎいのちを繋ぐ~」と題し8月例会を開催します。
当日は、オーケストラの演奏で幕開けし、「ライブ絵本~音と空間の体感絵本~」
を企画しており、大画面の動く絵本とオーケストラ生演奏、そして実際にいじめに
あった生徒たちによる読み聞かせの共演。さらに音楽家・元埼玉県教育委員会委員長
の松居和氏に、現代の大人社会がもたらす子供の育ちへ影響しついて、ご講演いただく。

2013年度 7月例会/第29回わんぱく相撲全国大会

『ありがとう!』~感謝から学ぼう日本の心~

公益社団法人東京青年会議所が主催し、毎年多くの子ども達に参加いただいております「第29回わんぱく相撲全国大会」を例年通り、両国国技館にて7月28日(日)に開催致します。
「わんぱく相撲」では相撲の取り組みを通して、勝つことの喜びと負けることの悔しさ、努力することの大切さ、そして対戦相手への思いやりと感謝の心を育むことを目的に開催しております。

2013年度 6月例会/第25回わんぱく相撲東京都大会中央場所

『ありがとう!』~感謝から学ぼう日本の心~

昨今、子どもたちを取り巻く環境は、人と人とが直接的に関わり合う機会が少なくなっています。
本来その関わり合いから生まれる思いやりや感謝の気持ちといった、良き日本の心が子供達から失われつつある中、相撲を通じて勝ち負けだけでなく、「相手を慮る精神・利他の精神」を伝えていく事を目指します!

2013年度 5月例会/エネルギー選択時代!!

※一般の方も参加出来ます。

エネルギー選択時代!!~環境と経済が好循環する社会を目指して~

東日本大震災に伴って発生した福島第一原子力発電所の事故は日本のみならず世界中の国々のエネルギー政策を根底から揺さぶりました。食品・人体・環境など、原発事故によって計り知れない影響が懸念される中、単に原子力に依存していいのか?これからの日本に本当に必要な持続可能なエネルギーは何なのか?等について東京JCが公正中立の立場から広く発信致します。

基調公演とパネルディスカッションを行い、持続可能なエネルギーとは何か?日本を環境と経済が好循環する持続可能なエネルギー社会にする為にはどうすればいいのか等についてお話を頂きます。

※事前登録あり

※一般の方も参加出来ます。

2013年度 4月例会/原点回帰 東京JC

原点回帰 東京JC ~真のリーダーシップで次世代を牽引する~

混沌とした時代において、政治、経済ともに危機的状況が続いている中、現代の日本には強い信念と行動力をもったリーダーが必要とされています。
一人一人が足元を見つめ直し、団体としての理念を再確認することで、個々人のリーダーシップを磨いていくことが必要不可欠です。
皆様奮ってご参加ください!!

※対象は、JCメンバー及び入会候補者等に限ります

2013年 3月例会 東京から発信する被災地復興への道

※一般の方も参加出来ます。

東京から発信する被災地復興への道 ~私たちは復興のために何をすべきか~

 1部では風評被害を払拭することをPRする為に、被災地のお米を使用したおにぎりを使用してのおむすびアートを作成し、ギネス記録を目指します。
 2部では被災地において未だ復興の道筋を描けない被災者や、東京に避難している被災者の自立を妨げているのは、被災地の復興への展望が示されていないことや復興現場の実情を多くの方が知らないことにあります。被災者に自立について考えてもらう為には、復興への展望や復興現場の実情を知って頂き、我々都民も被災者とともに復興について考えることが重要です。また、原発等による風評被害も復興に影響を与えているとから、風評被害の現状や農作物等の安全性を理解する必要があります。被災地や、被災者の現状を知る良い機会となりますので是非ご参加ください。

※一般の方も参加出来ます。

2013年 2月例会/世界に向けて東京の魅力発信!

※一般の方も参加出来ます。

2月例会/世界に向けて東京の魅力発信!オリンピック・パラリンピックで変わる観光都市東京!

清潔で安全。正確で誠実。私たちが「当たり前」だと思っている東京の素晴らしさを世界に向けて発信しませんか?私たちが住む東京の魅力を再認識し、さらに観光客を迎え入れるおもてなしの心、ホスピタリティ精神を発揮することで、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催が現実のものとなります!

※一般の方も参加出来ます。

2013年度 1月例会/新年賀詞交歓会

2013年度新年賀詞交歓会

世界に誇れる都市「東京」を創造する為には、正直者が報われる社会を実現しなければなりません。理事長が自らの言葉で基本方針を語り、メンバーが2013年度の考え方や方向性を改めて認識し共有することは今後の運動への道筋となります。観光・教育・復興環境という3つの政策テーマについて、猪瀬氏との理事長対談を通じてメンバーが課題を見出すことで2月以降の運動に明確な軸を持ったストーリー性のある事業構築が可能となります。また、シニアや関係諸団体に基本方針を理解していただくことで、今後の協力体制を強化することができ、運動の目的への第一歩として、1月例会を開催することで「再建」へのスタートとします。

ページトップへ